スマホの福業 ~在宅ワークで贅沢ライフ~

アドセンスの広告配信停止から復活した方法

実は、恥ずかしくて言えなかったのですが、

Googleさんからイエローカードを食らって、
アドセンスの広告配信が停止されていました^^;

 

焦りましたよ~
昨日まで、「もっとアドセンス広告貼りませんか?」って言ってたくせに
いきなり広告停止ですからね。

でも、僕はGoogle様の奴隷です。
あの人には絶対に逆らえません。

今日の日本戦もそうですよね。
主審こそ絶対!
文句を言おうもんなら、そいつもイエロー・・・

そして挙句の果てには退場。

 

アドセンスがダメになったら
別の稼ぎ方を考えれば良い。

それが正しい、出来る男の対処法ですが、
やっぱりアドセンス。失いたくないじゃないですか(笑)

 

でも何が悪かったのかまったく分からない!
アドセンス広告配信停止の通知メールには、

Google のプログラム ポリシー(https://www.google.com/support/adsense/bin/answer.py?answer=48182&stc=aspe-1pp-ja)に準拠しない方法で Google 広告が表示されています。

とあったので、穴が開くほど読みましたが、
それでも分かりませんでした。

 

という訳で、焦った僕は
トレンドサイトマスターのラインさんという方に相談をし
Google様に再審の依頼をしました。

最初の再審依頼内容はこうです。
「すぐに修正させて頂きたいのですが、どこがポリシー違反なのかまったく分かりません。
大変お手数ですが、具体的にご指摘頂けないでしょうか?」

でもグーグル様からの回答は同じ。

いただいた情報を考慮しながら サイトを慎重に確認しましたが、お客様のサイトで引き続き違反行為が行なわれているため、現在のところ、お客様のサイトへの広告配信を再度有効にすることはできません。

でも僕は、ラインさんに聞いて知っていたんです。
Google様は、一度聞いたくらいじゃ教えてくれない事を!!

なのでもう一度、お願いをしました。
「ポリシーを何度も確認しましたが、やはり思い当たる節がありません。
大変申し訳ないのですが、違反カ所を具体的にご指摘頂けないでしょうか?」

するとなんと、Google様が重い口を開いて下さいました。

プログラム ポリシーに記載されているとおり、Google 広告を表示するサイトでは、ユーザーが期待どおりの製品、商品、サービスを見つけられるように、サイト内を簡単に移動できる必要があります。例えば、サイト内のリンクの大部分が広告か内部リンクしかなく、訪れたユーザーがそのサイトから離脱するには閉じるか広告をクリックするしかないような作為的な構造のテンプレートの使用は許可しておりません。

にゃるほどー、
つまり広告貼り過ぎって事ですな^^;

 

という訳で、すぐさま広告を大幅に削除して、
内部リンクしかないって言うから、ZENBACKも付けて再審査申請してやりましたよ!

そしたら何とか再審査に合格できました。

 

とりあえずは一件落着ですが、この後も油断はできません。
アドセンスが停止していた期間、じつに1週間。

この前もレイクが半年近く広告停止されてましたからね。
アフィリエイトって、こういう所が本当に怖いです。

リスクヘッジとして、出来るだけ多くの収入の柱を建てておきましょうね。
広告の貼りすぎには、改めて注意して下さい。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Return Top